先週の日曜日(23日)、教会ではペンテコステ(聖霊降臨日)でした。

そして、母が受洗しました。


私は教保(母のこれからの信仰生活を助ける役割)として、
受洗する母に付き添いました。


自分が教会へ通い始め、クリスチャンになってから
心のどこかに
家族全員に対して
「そうなってくれればいいな」という思いはあったにせよ、
本当にその日が来るとは思ってもいなかった不信心者です。



でも、ほんとうにほんとうに、嬉しかった。


母は、受洗準備のため牧師が家に来たときに、
「孫たち(haruとtama)が洗礼を受けて、お祈りをしたり、教会へ行ったりするのを見ていて、
こんな小さなうちから、これから育っていく中で、心のよりどころがある暮らしというのは本当にいいなあと思いました。」と言っていました。

それも、自分が受洗しようと思ったきっかけのひとつだ、と。



それを聞いて、涙が出そうでした。

娘たちは、まだこれから大きくなって、いつか自分たち自身で信仰を確かめるときが来る。
・・・そのときに、どうか娘たちが神様と離れずにいてくれるように、
それまで親として娘たちを支えていくことが私の役目ですが

娘たちが、母を導いてくれたという思いは
きっとずっと忘れません。




数々の思いはあれど・・・
うまく言葉に書き表せない。


ただ、母のこれからの毎日が、守られますように。
娘たちの毎日も、守られますように。

導きと、守りに 心からの感謝。


b0127095_16151176.jpg
[PR]
by haruirotamago | 2010-05-27 15:59 | 日々のこと


娘たちと私の日常


by haruirotamago

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

のんびり☆まったり
神様に会うまで
こころ...smile ...
わたあめうさぎ
ふぁみりぃ たうん♪
月の見たモノ
あさなゆうな
susu canta
cotton candy*
道化の花
灯下のめぐみ

ファン

ブログジャンル

画像一覧