カテゴリ:思うこと( 10 )

よいお年を!

あっという間に大晦日ですね。

12月は、ほんとうにあっという間に過ぎてしまいました。
このブログもあんまり更新できなかったけど、何がそんなに忙しかったのか・・・よくわからない^^;

tamaの幼稚園での聖誕劇があったり、クリスマスがあったり
そうしているうちに子どもたちが冬休みに入って
大掃除などしているうちに、今年ももうすぐ終わろうとしています。


毎年思うけど、子どもたちはこの一年でまた、体も心も成長したなと思います。

ことにharuは、反抗期・思春期につま先あたりをちょっとだけ入れてみたりまた引っ込めてみたりしているような、そんな微妙な感じになりました。

このところ、子育てについて考えていたこと・・・・・
小さいうちは、今何を考えてるか、どんな気持ちでいるか、見ていれば全部が手に取るようにわかる気がしました。喜んでる、がっかりしてる、でも気を取り直した、嬉しいけどそれを顔に出さないようにがまんしてる・・・・・などなど。

だけどだんだん、考えてることがわからなくなり・・・子ども自身が、わからないように、知られないように、し始める。

思ってることが全部そのまま口に出てくるのが当たり前だったのが、
表に出なくなり、私には見えないところへそっとしまわれる。


haruは今はまだ、聞けば話してくれることが多いですが、
これからもっと親である私には話さないことが増えていくんだろうな、と思います。

それが当たり前で、私自身だってそうだったけれど。
いつまでも、子どもの全部を知ろうとしてはいけないんだな、と
そんなことにふと気づいて、なんだか愕然として寂しくなってしまったりしました。


そして、
私はいつも、「haruのために」「tamaのために」、こうした方がいい、これは言わなくてはならない、と色々なことをして色々なことを言っているけれど・・・

それがこの先、必ずしも子どもたちがそのとおりに受け取ってくれるとは限らないんだな、ということ。
私は「こんなに子どもたちを大切に思ってる」と、それは当然子どもたちに伝わっていると思ってきたけれど、もしかしたらこの先ふと何かが掛け違えば、子どもにこの気持ちは伝わらないことだってあるんだな、と。
できるならそうならないように、伝えていく努力をこれからもしていくのだけれど・・・

母親でいるって、難しいことだなあ。
そんなことをしみじみ思ったりした年の暮れでした。


おお、年末のご挨拶のつもりが、なんだか長々と語ってしまっていますが!(汗)


***

来年は、子どもたちのことももちろんですが
自分自身のことをもう少し考えたり行動に移したりしたいなと思います。

なんだか、すっごく「いい歳」になってきたな!と思うのです。^^;(つまりオバサンってこと☆)
それならばその年齢なりに、自分自身のことも考えなくてはな、と。



来年はもう少し本を読んで・・・(今年は、読まな過ぎた)
そういう時間を、意識して作るのもいいな、と思っています。

今、読みかけている本

ありのままの自分を生きる―背伸びと息切れの心性を超えて

藤掛 明 / 一麦出版社




ありのままの自分を。

そのような、それに近づけるような一年になるといいなと思います。
みんなが健康でありますように。



みなさま、今年もこのほそぼそ更新のブログでおつきあいくださり本当にありがとうございました。
来年も、たぶんこんなペースですが^^; どうぞよろしくお願いします。

よいお正月をお迎えくださいね!^^
[PR]
by haruirotamago | 2010-12-31 00:33 | 思うこと

片づけをしながら

この夏休み、家中の気になっていたところを片付けまくる!
と決めて、「片付けまくる」とまでは行かなかったけれど、けっこうはかどりました。

昨日は自分の部屋を片付けました。
「自分の部屋」というと聞こえはいいけれど、
ていのいい物置部屋みたいになっていまして・・・
(つまり、ほかの部屋に置けない、行き場所が定まらない物、
  片付けるのに時間がかかるものをとりあえず置いている。)

その「片付けるのに時間がかかる」ものの最大(最多)なのが子供たちの作品です。

haruの幼稚園時代からの絵や工作などなど、同じくtamaの・・・
あと2人が家で描いた絵で捨てられないものとかが大きなダンボールにガッサリ入っていて・・・


昨日、意を決してその山を掘り起こし、
haruのとtamaのに分けて片付けました。(まだ途中ですが)

その中に、娘たちが幼稚園に入る前にお世話になった保育園の連絡ノートや、
卒園するときに先生方が書いてくれた寄せ書きカード、
あと、保育園に通っている間に書いたお絵かきをきれいに綴じて表紙をつけて、
写真なども貼ってくれたアルバム?などなどが出てきました。

娘たちが小さい頃、私は週1日だけというイレギュラーな働き方をしていたので
認可保育園の一時保育や、無認可保育園など色々利用していました。
途中で制度が変わって一時保育が利用できなくなったり、
無認可保育園は急に閉園になったりもして2人とも数箇所の園にお世話になりました。


それらのノートに先生方が書いてくれた言葉や、赤ちゃんだった娘たちの写真を見ていて
ああ本当にありがたかったな、と思いました。

もちろん幼稚園もそうなんだけど、保育園は娘たちが小さかったこともあり、
私自身子育てが大変で迷うこと悩むことも多かった時期で
そういう時に一緒に娘たちを気にかけてくれ、見ていてくれて
一緒に育ててもらった、という気持ちが強いです。

先生たちに子育てについて相談したとか、色々話し合ったりということはなかったけど
それでも、自分の子供のことを可愛がってくれて日々成長を見てくれている人たちがいるというのはとても心強いことでした。



ノートを読みふけってしまうと片づけが終わらないので^^;
後ろ髪引かれながらとりあえず片付けましたが、今度時間のあるときにまた読もうと思っています。
小さかった娘たちの様子が書かれていて、よい記念です。


2人とも、入園したばかりの頃に取られた写真は泣きべそ顔で、
haruはその写真が着替えや荷物を置く棚に貼られていたし、
tamaは運動会の賞状(参加賞)に貼られていたのを思い出して笑いました^^;

いろんなことを思い出して、やっぱり捨てられない物たちなのでした。
[PR]
by haruirotamago | 2010-08-27 11:31 | 思うこと

クリスマス、いろいろ

なんだかんだと慌しくしているうちに、クリスマスも終わりすっかり年末ですね!
もう3つ寝ると、お正月!


ちょっと(かなり)遅ればせですが我が家のクリスマスのことを。


まず、tamaの幼稚園で恒例の聖誕劇がありました。
毎年クリスマスの少し前にやるもので、年長さんはマリアや天使や羊飼いなどの役を、年中さんは場面の説明をするナレーション、年少さんは全員着ぐるみで「ひつじ」をやります。

今年、tamaはナレーション。数人のグループに分かれて場面を担当し、その場面ごとに歌も歌います。

夏祭りの頃は、本番にあれほど弱かったtamaが、顔が真っ赤になるほど大きな声で自分のせりふを言い、歌を歌いました。


子供たちが幼い声を合わせて「神は、そのひとりごをおあたえになるほどに、世を愛された」と言う時、ああ本当にそうなんだ、と思います。
子供たちは、まだよく意味はわからずに言っていると思うけれど
いつか本当に、この言葉が子供たちの心に届きますように、と思います。


***
25日の朝は、私は仕事だったので(夫は休み)ひとりで早く起きましたが、
haruもすぐに起きてきて部屋のツリーの下にプレゼントを見つけて大喜びでした。
(ひとしきり自分のプレゼントを見た後、tamaも起こしに行き・・・この時点で6:00くらい・・・2人で楽しそうに見せ合っていました^^)

サンタさんからは、2人それぞれに工作材料の詰め合わせ。折り紙やモールや、リボン、フェルト、などなど。
母サンタが、100円ショップで大人買いしました(笑)
店員さんが「100円商品が1点~2点~」とレジを通していき、
「・・・25点~・・・28点~・・・」と言ったあたりから後ろの人の視線が気になりました(汗笑)

夫と私からは、haruにはリクエストなので香水。(オイリリーのベビー用フレグランス)
tamaには「ふわふわねんどでお菓子をつくろう」というセット。tamaはリクエストが二転三転して結局ねんどに収まったので^^

私から夫へは、最近はまっている自転車(マウンテンバイク?よくわからないのですが^^;)用の、ゲージ付きの空気入れと、ペットボトルホルダーと、裾止め(ズボンのすそがパタパタして邪魔にならないように止めるんだそうで)。

夫からは、腕時計をもらいました。
実に数年ぶりで腕時計をしています!(前ののベルトが壊れて以来、ずっともっていなかったのです)
ありがとう♪

25日の午後から私の両親が来て、一緒にケーキを食べました。
両親からもプレゼントをもらって、大喜びでした。

今年の冬は2人ともインフルにもかからず、たいした風邪もひかずに元気に過ごしてくれて、本当にありがたかったです。(ってまだまだ冬はこれからですが)

More
[PR]
by haruirotamago | 2009-12-29 18:13 | 思うこと

雑感

今日は、何も予定のない休日。(明日も何も予定なし)

天気もよくて、午前中から今まで、衣類の整理をしました。
え?時間かかりすぎ??  ・・・イヤイヤ、実はまだ終わってないのですよ・・・;;


私の姉のところから、いつもharuにたくさんお下がりをもらいます。
(なのでharuは長女なのにお下がりばっかり着ています^^;;)

haruが着て、小さくなるとtamaが着て
でも今日整理をしてみたら、tamaも着れなくなった服がいっぱい。
今の時期、子供たちはどんどん背が伸びるし
昨年の冬に「これは来年のtama用・・・」としまっておいたものが、
もう着られないサイズだったりしました。

リサイクルショップに持って行くものをより分けながら、
「あーこれ、haruによく似合ってたよなー」とか
「この服はかわいくってお気に入りだった・・・」とか
心を鬼にしないと手放せない^-^;;
(そして、どうしても手放せないものは数着、しまいこんであります・・・赤ちゃんの頃のものも)


一方、自分の洋服は、しばらく着なかったものは未練なくリサイクル袋へ(笑)
最近はかなりお安い店でしか買っていないし、それにしてはまあ長く着た方でしょうと思うので
あまり心も痛みません。
でも、これからは少しずつ、もう少しよい服を吟味して買おうかなという気もしています。
いつも、「とりあえず、これでいいか」くらいな気持ちで買って、
結局着心地がいまひとつだったり・・・なんとなく気に入らないところが出てきたりしてしまったり。
あまり気に入ってないけれど、しかたないから着る・・・みたいなことになりがちなのです。
どうせなら、ほんとに気に入って着心地もよいものを着たいよなあ・・・と思います。
値段の高い安いというより、自分がほんとに着易いか、とか着回しができるか、とか
そういうことをもっと考えて買わなくっちゃなあ。


それと、年齢が上がってくると、やはり身なりにもう少し気を使わなければね・・・なんてね^^

昔から、どうも衣類にお金をかけられない私。
汚くしているとは思わないけど、けっして「きれい」にはしてません。
子供が生まれてからはそれに拍車がかかったなあという気がしていて、
でもまだ30代の頃はそれでもよかった(?)けれど、
もういかん・・・・・そろそろマズイ、という気がしています!!
(いや、もうとっくの昔にマズかったのかもしんない!!)

あまりお金をかけず、でもちょっとキレイに。
日頃から心がけていきたいと思いまーす^^


さて、洋服をより分けてみたらものすごい量になりました(@-@)
いつも持って行くリサイクルショップは、どんな衣類もたいがい引き取ってくれて
店頭で売れないものは途上国へ送ったり、それもできないものは裁断して繊維としてリサイクルしたりするそうで、買い取り金額はすごく少ないけど、全部引き取って活用してくれるのでとってもありがたいのです。


家の中もすっきりしたし、気分もすっきりです^^
あともう少し、がんばって片付けるぞぅ。
[PR]
by haruirotamago | 2009-11-07 16:36 | 思うこと

夏休み、娘たちの預け先

もう、今日から7月ですね!

あと半月もすると子供たちが夏休みになります。

パートを始めて、普段は子供たちの帰宅時間前に帰っているので影響がないのですが、長期のお休みの間娘たちをどうするか・・・でしばらくあれこれ悩んでおりました。


小学生の学童保育は、夏休みだけの申し込みというのもできるのですが
申しこむためには「1日6時間以上、週4日以上」働いていることが条件になっています。
これは普段の学童と同じ条件です。
私は労働時間も日数もこれを満たしていないので申し込めません。

では、ファミリーサポート(一般の方が協力会員として市に登録していて、有料で援助してくれるもの)をお願いしようと思いましたが・・・こちらは、1時間700円。 姉妹で頼むと1時間あたり計1050円。
パートの時給を大幅に超えていて、とても赤字になります。


幼稚園には預かり保育があるのでtamaだけならそれを利用できるのですが、haruの行き場がない。


むむむ・・・・・としばし悩みました。

夏休み中赤字になっても、1年間トータルで見れば一応黒字だし
ファミリーサポートは安心して預けられるのでよいのですが
他にはもうてだてはないものか・・・と。


ネットなどで探しに探して、職場近くの家庭保育室で小学生まで受け入れてくれるところがあるのを見つけました。
とはいえ日中は小学生はいなくて(学童後に来る子はいる)、あとは0歳児から幼稚園の年長さんまで。
娘たち、特にharuは楽しくすごせるだろうか?安心して預けられるところだろうか?と危ぶみつつ、
夫と一緒に見学に行きました。

tamaが生まれたばかりの頃、haruはやはり小さな家庭保育室に通っていたのですが
そこに似た感じの、アットホームな保育室でした。
娘たちを預けるのは午前中4時間ほどなので、夏は水遊びをしたり近くの公園へ行ったり、小学生は宿題を持っていってもよいとのこと。

考えた末、そこにお願いすることにしました。


haruにそのことを話すと、ふんふんと話を聞いて、
「そこは、来年の夏休みも行くの?」と聞かれました。

来年は・・・haruは3年生だし、どうするかわからないね・・・もしかしたらお留守番ができるかもしれないしね・・?と言うと、
「えーー来年くらいまでは行きたい。最低2年は楽しみたい!」と。

え、あれ・・・
「もしかして、けっこう行くの楽しみにしてる??」と聞くと、「うん!」と返事が返ってきました。



haruのこういうところ、本当に救われます。
親としては、せっかくの夏休み、1日おきに保育室行くの嫌かな?とか、小さい子ばっかりのところじゃつまらないかな?など心配になるのですが、haruはけっこう楽しそう!と思ってくれて、こんなことを言ってくれます。
昼過ぎには迎えに行くので、お昼は食べずに帰ってこられるのですが、haruは
「時々は、お昼も食べて帰りたい!」と言っています。
実際、本当に楽しくすごせるといいなと思います。

tamaは人見知りなので、ちょっとなれるのに時間がかかるかもしれませんが、
人数も少なく、haruが一緒なので大丈夫かなあ・・と思っています。




少ない時間、日数で働くということは、こういう長期休みなどの時に子供の行き場がなくなってしまって難しいです。子供の夏休みには仕事も休める、というのなら一番よいのでしょうがそういう職場はほとんどないでしょうし。


仕事もがんばりますが、子供たちの夏休みが楽しいものになるように、
今から少し計画を練ろうと思います。


とりあえず、預け先が見つかってほっとしています。
[PR]
by haruirotamago | 2009-07-01 17:19 | 思うこと

パッケージのイラスト

どうでもいいようなことなのですが・・・・・


昨日、ドラッグストアで洗剤などをいろいろ買い、
そろそろあたたかくなってきたので・・・・・
害虫を駆除する薬剤?を買いました。

害虫・・・・・
たいてい誰でも大嫌いな、あの、「ゴ」のつくやつですが、
私はいつも、置くタイプ(それで捕獲するんじゃなくて、「置くだけでいなくなる」というもの)を買います。


それでね、いつも買うたびに思うんですけれども。

なぜ、なぜ、パッケージにあんなにリアルに、
「ヤツ」のイラストを描かねばならないのでしょうか!?!(;-;)



もう箱を持つのも躊躇しちゃうんですよ。

自分じゃ退治できないくらいに大嫌いで怖いので、
だからこそこの「置くだけでいなくなる」やつを買うのに・・・・・

こんなリアルな絵はいやなのですヨ~!(泣)



もし効果が同じだったら、パッケージに絵のない商品を私は買います。
多少高くてもそっちの方がいい。
(でも、絵のついてない商品を、今のところ見たことありません。)




ふう・・・ほんと、どうでもいいような話ですけれどね。


買ってきた薬剤を水周りなどいたるところに置きました。


どうか、ヤツに遭遇しないですごすことができますように!
[PR]
by haruirotamago | 2009-04-21 10:34 | 思うこと

まあいいや、と思う

日々、何にも変わったことがないというのは幸せなことだ・・・

まあこのところは、おおむねそんな感じで生活しています。

園の役員も残りあとわずか。
予想以上に忙しかったけど、でも楽しさのほうも予想を超えていました。
同じ仕事をしたメンバーと仲良くなれたし。


でもこの残りわずかな時期になって、
ちょっとした行き違いやちいさなイザコザ?みたいなものがポツポツ出てきてる。

もうあとは締めのお仕事と引継ぎくらいなんだから、
円満に楽しく終わろうよ・・・と思うんだけど。

でも人(特に女性ばかり)が集まればそういうことは避けられない。
私はそういう揉め事がとても嫌いだし気に病んでしまうし
だからこういう役みたいなのは避けてきたところがあるんだけれど・・・


でも最近になって、しばらく気に病んで、そのあと
「・・・でもまあ、いいか・・・・・」
と思えるようになってきた。

年の功かな。
「まあいいか」と思えることは、楽なことだ。

誰とでもうまくやりたい、誰とでも仲良くしたいと子供の頃から思うたちだったし
それは今も変わっていないのだけれど
「誰とでもうまく」なんてことができないってこともわかってきた(やっと)

今起きている事柄はどれも小さくて、だからというのもあるけれど
「なんとかしよう」とか「どうしたらいいだろう」とか
焦ったりせずに
「自分ができることと『これが最善』と思えることをやって、あとは成り行き」
と思えるようになった。

進歩です・・・・・
年のせいだとするならば、年をとることは悪いことじゃないです。

できるだけやってみて、それでもだめならあとはもうしょうがない。
何やったって、だめな時もある。

こんなふうに考えられるようになるまで、なんだかずいぶんかかったな。


あとは自分のことだけでなく、子供のことに関しても同じように思えるようになりたいと、思います。これも、親として年をとっていううちに、いつかできるようになればいいなあ。
[PR]
by haruirotamago | 2009-02-24 21:24 | 思うこと

よいお年を

年末恒例の障子びりびりです。


b0127095_17552658.jpg
b0127095_17555416.jpg

ただし今年から、びりびりしていいのは障子1枚だけ、となりました。
(はがす時にかえって大変になるらしく、夫からのお達しで^^)


大掃除は窓ふきと、換気扇と、お風呂場と、子供のスペース・・・くらいで終わりにしました。
普段やってない場所と、徹底的にやりたい場所だけ・・・ってことで^^;;

年賀状も、25日にはやっぱり間に合いませんでしたが例年よりはちょっと早めに出せました。

明日から両実家を渡り歩いて3日に帰ってきます。


お正月はぐっと冷え込む予報ですね。
皆様風邪などひかずに、どうぞ楽しい新年をお迎えください。

ちょっと今年を振り返って
[PR]
by haruirotamago | 2008-12-30 17:57 | 思うこと

ノーベル賞

ノーベル賞受賞の話題で賑わっていますね。
研究内容など詳しいことは、ニュースを聞いていてもさっぱり??ですが・・・・

なんとなくノーベル賞のサイトを見ていたら、
各年の「賞状」(という呼び方でいいのかな?)が出ていました。

毎年、そして一人一人違っていてすごくきれいなものなのですね!
初めて知りました。


The Nobel Prize Diplomas
(このページの一番下に、年ごとの賞状へのリンクが。)




でもここも英語がわからないので説明文を読めないので残念・・・^^;;
[PR]
by haruirotamago | 2008-10-10 20:30 | 思うこと

転機

昨日、夫が大事な試験を受けて合格しました。
しばらく前からこのことで夫はがんばっていて、それが実を結んだと思います。
私には何もできないことですが、日々夫が最善を尽くすことができるように祈っていました。

このことは夫にとって、それと家族にとっても
ひとつの大きな転機になることなので
ほっとすると同時にいろいろ考えることもあります。

夫自身もかなりいろいろ考えている様子。



まだしばらく心配なこともありますが、
でも今回のことは今までの経緯を振り返ってみるとき
ここに向かっていろいろなことが備えられてきたなーと
本当に思えるので
思い煩わずに必要なことを準備して進めていこう、と思います。

がんばれ夫!


これからの準備も、神様が備え守ってくださいますように。
[PR]
by haruirotamago | 2008-07-31 10:42 | 思うこと


娘たちと私の日常


by haruirotamago

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

のんびり☆まったり
神様に会うまで
こころ...smile ...
わたあめうさぎ
ふぁみりぃ たうん♪
月の見たモノ
あさなゆうな
susu canta
cotton candy*
道化の花
灯下のめぐみ

ファン

ブログジャンル

画像一覧