<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カトくん、その後

夏休みの初めにもらってきたカブトムシのカトくん。

今月の上旬に、寿命が尽きました。


夏休みが終わってから、haruと「外へ逃がすか?このまま飼い続けるか?」を相談して、
haruは迷いつつ、「やっぱり逃がす」と決めました。

夫の帰宅が早かった日に、
「じゃあこれから逃がしに行ってくる」と、夫と2人出かけて行ったのですが
直後に「大雨が降ってきた!」と戻ってきました。

突然の大粒の雨で、「じゃあ、明日に」ということになりました。


翌朝、haruが学校へ行くときにはおがくずから出て起きていて、少しもそもそと動いていました。

でもその日の午後に私が見たときには、朝と同じ場所で動かなくなっていました。

思い返すとその前1週間くらいは、夜なのにおがくずに埋まっていたり、朝は起きていてえさを食べていたり、生活のリズムがばらばらだなあ・・・となんとなく思っていました。
えさを食べる量も少し減っていたし。

徐々に弱ってきていたのかな。

たまたまかもしれませんが、急な雨のせいで外へ逃がすことなく、命が尽きるところまでを家で見届けることになったので、結果的にはそれは良かったのかも、と思いました。

夫とharuで庭の隅に埋めてやりました。

主のいなくなったケースはきれいに洗って片付けました。
また来年、このケースで何かを飼うことになるのかなあ!



余談ですが、今までテレビで変わったものを飼っている人を見ると、
「なぜこんなものを飼うのか?!」と思っていましたが、
カブトムシを飼ってみて、「・・・こんなものでも、飼ってみたらかわいくなってくるのかも・・・」と思うようになりました^^;

カブトムシは、思いのほか可愛かったです。

haruのおかげで、経験値がちょっぴり上がりました・・・・・
[PR]
by haruirotamago | 2010-09-23 15:24 | haru

ペコマト

miffyさんのブログで知った不二家のペコちゃん型のマトリョーシカ。
広告に写真が載っていたそうで、商品なのかどうかは不明。

もし買える物ならばぜひほし~い!というわけで、
早速近所の不二家さんへ子供たちと一緒に行きました。

店頭には見当たらないので店員さんに聞いてみると、

「ハロウィン限定商品なんですけど、入荷した分は売切れてしまいました」
ガーン☆

でもその後お店の奥へ行かれて探してくれたのか?
「1個ずつ(2種類ある)なら在庫がありました!」と。

店員さん、ありがとう!!


そんなわけで早々に買うことができたペコちゃんマトリョーシカ
こちら↓ (ちょっと後ろのカップにピントが合っていてすみません)

b0127095_14495751.jpg


かわいいでしょう~?^^
缶でできていて、中にはちょっぴりキャンディが入っています。
(小さいお人形は入っていません。)
1個400円です。


買った直後に娘たちが「うちはこっちのがいい~」「じゃあうちは黄色い方」などと言い出したので、
「これはおかあちゃんのです。」とクギを刺しておきました☆(中身はあげるけどね♪)
[PR]
by haruirotamago | 2010-09-23 14:53 |

明日はうれしい

明日はtamaの6歳の誕生日です。

本人も、6歳になるのが嬉しくて、9月になってから何度も誕生日の話をしています^^

「あと何日で誕生日?」「あさっては、うちのお誕生日?」

tamaの中では、「年上の人ほど背が高い」ものだと思っているようで
「うちが9歳になったら、haruちゃんより大きくなる?」みたいなことを聞かれます。
で、ちょっと考えて「あ~でもうちが9歳になったらharuちゃんは・・・」と、少しガッカリ(笑)


歳は超せないけど、背の高さはもしかしたらいつかtamaがharuを抜かすこともあるかもしれないですね。
tamaにそう言ったら、「ふ~~ん??」みたいな、よくわからないような反応です。



もう6さいかーと思うと、しみじみします。
ほんとに早いな!(そして小学生になるとこのスピードはさらにアップする、と思う。haruはほんとにどんどん大きくなっていっちゃう。)


今年のプレゼントは、シルバニアの「妖精さんのひみつの木」です。
(シルバニア公式ページ こちら

tamaはもっと小さい頃からあまり物欲がないほうで、誕生日、クリスマスなどに親と両方の祖父母がそれぞれプレゼントは何がいい?と聞いても、たいてい本当にほしいものは1つしかなくて、あとはうーーんと考えて、じゃあこれ・・・となんとか選ぶという感じです。

このところはシルバニアがお気に入りなので、おそらく両祖父母にもシルバニアのお人形とか着替えとかをお願いするのだろうと思います。

余談ですが、シルバニアは私も見ていて可愛いな~と思うので、つい財布の紐が緩みます;;
私自身が「ほしい」と思ってしまうので^^;

飾っておいても可愛いし、長く遊べて、よいおもちゃだなと思います。
(ただ大きいものはとても高いのであまり買えませんけれど。)




tamaはこのところ背が伸びてすらりとしてきて、あの全体に丸かった幼児体型ではなくなってきました。

こうして元気に育ってくれて、心から感謝。

うれし寂しい^^;誕生日です。
[PR]
by haruirotamago | 2010-09-09 10:51 | tama

やっぱりとってもツラくって

前の記事で「カブトムシのカトくんは週末に逃がしてやることに・・・」と
書いたのですが、彼はまだ我が家にいます。

haruが、やっぱりとても愛着があって、お別れするのがつらいらしい・・・

金曜の夜は、「えさをあげるのも今日が最後かなあ」
などと言いながらしんみりして、
布団に入ってからも
「カトくんは外で暮らした方が嬉しいのかなあ・・・そうだろうなあ・・・
 でも、うちにいるのも平和で幸せかも・・・うーん!」などとあれこれ考えていました。

一度は逃がすと決めたものの、
逃がしてあげた方が広いところで暮らせていいような気がする。
でもうちで暮らしているのも、危険がなくて幸せな気もする。
それにまだ一緒に飼っていたい・・・

いろんな気持ちがあって、決められないようです。

とりあえず、もうしばらくは飼うことにしたみたいです。

haruに任せているので、それならそれでよいのですが・・・
カトくんはあとどれくらい生きるのかなあ。

今のところとても元気ですけれどね。

こんな小さな虫でも(虫の中では大きい気もしますが)
生き物を飼うのって、色々悩ましいものですね~^^;
[PR]
by haruirotamago | 2010-09-05 16:16 | haru

お別れするのはツラいけど

夏休みの初めに我が家にやってきたカブトムシ、カトくん。

まだまだ元気で、日中はケースに敷いたおがくずに埋まって寝て、
夜になるとゴソゴソ出てきて動き回っています。

家族みんな、すっかり愛着がわいて可愛がっているのだけれど・・・

夜、元気に動き回りながら時々飛ぼうとしてケースのふたにぶつかったりしています。
最初よりはちょっと広いケースにしたとはいえ、いかにも狭い。
カブトムシってどれくらい生きるのかわからないけれど、
この狭いケースの中で一生を終えさせるのはなんだか不憫・・・


haruもそう思っていたようで、
夏休みの終わりが近づき、「カトくん、どうする?」と聞いてみると、
「そろそろ逃がしてあげようかな~・・・」と。

でも、まだ飼っていたい気持ちもあるようで、
「でもうちにいたほうが、危険とかはないかもしれないけど。
 えさの取り合いもないし。」 と、迷っていました。

haruがもらってきたのだし、どうするかはharuにまかせたのですが
結局、逃がしてやることにしました。

夫がいる日に、ということでこの週末に逃がすことになりそうです。

毎日えさをあげたり、おがくずに埋まっているところをながめたり、
霧吹きしてあげたりしてお世話してたので寂しいけど・・・・・

ケースの中で飛ぼうとしてるのを見ると、やっぱりそれがいいのかな、と思います。

写真は今日のカトくん。
埋まってたおがくずから出てきたところです。


b0127095_1432797.jpg
[PR]
by haruirotamago | 2010-09-03 14:33 | 日々のこと


娘たちと私の日常


by haruirotamago

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

のんびり☆まったり
神様に会うまで
こころ...smile ...
わたあめうさぎ
ふぁみりぃ たうん♪
月の見たモノ
あさなゆうな
susu canta
cotton candy*
道化の花
灯下のめぐみ

ファン

ブログジャンル

画像一覧