<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

よいおとしを

いよいよ今年もあと2日となりました。


一言では言えない、大きすぎる出来事のあった今年

もうすぐ終わり、新しい一年が始まりますね。


皆様にとって この国にとって
新しい、よい一年にどうかなりますように。



みなさまよいお年をお迎えください。

お風邪など引かずに、みんな元気で年を越されますように!^^


来年もどうぞよろしくお願いします。


今年も一年、ほんとうにありがとうございました!
[PR]
by haruirotamago | 2011-12-30 21:21 | 日々のこと

ふんばろう東日本支援プロジェクト

先日、ふとしたことから「ふんばろう東日本支援プロジェクト」という支援団体を知りました。
震災で被害にあった方々をさまざまな方法で支援しているボランティア団体です。

先週、ボランティアとして入力作業に参加してきました。

この支援プロジェクトには様々なものがありますが、私が参加したのはコタツやホットカーペットを希望される被災者の方に送る「冬物家電プロジェクト」というものです。
当初5000世帯に配布することを予定していましたが、実際に届いた申し込みは10000超。
私が初めて参加した日には、その日だけで2000通以上の申込書が届いていました。

作業させてもらって初めて知ったことは、被災地には、まだ暖房器具や、冬物の寝具も満足にない被災者の方が大勢いらっしゃるということです。

これまでテレビの報道なんかを見て、なんとなく「被災者の方たちはとりあえずは仮設住宅などに入り、最低限であるかもしれないが衣食住についてはとりあえず困ることはなくなった」と漠然と思っていました。仮設住宅の寒さ対策が追いつかないというニュースは見ましたが、それも順次改善されているのだろうと。とりあえずは寒さをしのげる住環境は整っていると思っていました。

ところが、届いた申込書に時折同封されているお手紙を読んで、必ずしもそうではないことがわかりました。
被災地には、まだほんのわずかな暖房器具しかなくて寒さをしのげないでいる方、夏物の寝具しかなくて毛布が欲しいと希望される方が大勢いらっしゃるのです。

特に、なんとか自宅を修理しながら暮らしている方(それでもかなりの被害を受けている)や、借り上げ住宅で暮らす方などには行政の支援が行き渡らないケースがかなりあって、そういう方は何の支援も受けられずにこの寒い冬をすごしているということ。
これまでほとんど何の支援も受けていませんという方もいました。

テレビの報道ではわからなかった現実を垣間見ました。

「ふんばろう」は、行政がまかないきれない隙間を埋める、支援だと思いました。
今、本当に必要とされる支援だと思います。


なんとかして年内にお届けしたいとボランティアの方々が今も一生懸命作業をしています。
ただ資金が足りず、26日までの限定でマッチングサイトを再開しています。(クレジットカード決済や銀行振り込みなどで、1口3000円から申し込めます。)

ふんばろう東日本支援プロジェクトのページはこちらです。
今すぐにできる支援がいろいろとあります。
http://fumbaro.org/


苦しいことがたくさんある中、せめて体はあたたかくこの年末年始をすごしてもらいたい、と願わずにいられません。

どうぞ皆様、ご支援ください。
[PR]
by haruirotamago | 2011-12-22 23:37

自信がないということ

ハローワーク通いをしていまして、
先日面接を受けたんだけど見事に不採用でした。

その面接時にいろんなテストがいっぱいあって、
漢字とか数学とか(たぶん中学生程度の)
あとワードとエクセル、それと、あれはなんていうんだろう?
たっくさんの設問があって、
(例えば、「物事を決めるときは迷わない方である」とか「難しい課題でもあきらめずに取り組み続ける方だ」とか)
それに「あてはまる・ややあてはまる・あてはまらない・・・」などをどんどん選んでこたえるというもの。

そういうのをたくさん受けました。
あと、その後の面接でもずいぶんいろんなことを詳しく聞かれたな~・・・

どのテストもいまいちな結果だったと思うのだけど、
特にこの、たくさんの設問にどんどん答えるやつは、以前にも別の面接で受けたことがあるんだけど、なぜだか答えているうちに「私って、だめなやつ・・・」という気持ちがふつふつと沸いてくるんですよ。
どうしてだかわからないのですが。


で、面接で色々聞かれている間にも、「私って、なんかいいとこないなあ・・」という気持ちにもなり、そして結果、やっぱり不採用だったもので、予想していたのだけど、思ったよりがっかりしました。


***

若い頃には、「私ってけっこうイケてる」と思っていた時期がありました(恥)。
思い返せば甚だ勘違いで、恥ずかしくてたまらないけれど
あの頃はその勘違いのおかげで、勢いを持って物事をやっていた部分もあるし
実を伴っていないのが残念だけど、それでも自信を持って動く、ということはよいことだよなあと思います。

でもだんだんと、「自分のいいところとは何か?」と、この質問に深く深く悩んでしまうような・・・いいところがひとつも思い当たらない、という残念な状態になってしまって、今回の面接のような機会にそれが浮き彫りになるのでちょっと辛いといったところです。
でも「なぜ今の自分がこうなのか」ということは、自分のこれまでを振り返って納得なので(それもまた残念なことですが)、自己責任として受け止めています。


ただ落ち込んでも仕方がないので、これから時間をかけて、ひとつでもよいところを伸ばそうと思うわけなんですが、どれくらいの時間がかかるものか。
でもおばあさんになった時に「私ってイケてる」と思えたら、それは素敵なことかもしれないです。




こんな私でも、おそらく外から見たらよいところのひとつくらいはたぶんあって、
友人に言ったらきっとひとつくらいはよいところを挙げてもらえるだろうと思うのですが
問題なのは、私自身が、自分のよいところをよいと思えていないというところ。
自己評価、自己肯定感が実はとても低いのです。
若くて、「自分はいけている」と思っていた頃も実はそうだったけれど
あの頃はあえてそこを掘り下げようとはしなかった・・うっすら気づいてたけど、見てみぬふりをしてきました。

そうやってずっと自信のなさをなんとか取り繕って生きてきたけど
若さで越えてきた部分がそろそろ厳しくなってきたし
このままいたら辛くなるばかりなのだろうな、と。




そこで、この低い自己肯定感を上げるために・・何ができるか?


とりあえず、小さなことからこつこつと「努力」をしてみたいと思っています。
この年になるまで、本気の「努力」をしたことって、いつあったかな?と思うので。
(その結果、今の自分のようなだめな人間になった、という気持ちが強いので、子どもたちには「地道な努力」を強いる傾向があります。。。。)
今思いつくのはそんなことくらい。

自分自身の評価が低いということは、自分にとっても家族にとっても、あまりいいことない気がするので、少しずつでもそこを脱する努力をしたいと思うのです。

大それたことができなくてもいいんだけど、今の生活の中で「ちゃんとやれている」という気持ちになりたい。今は、面接落ちて落ち込んでるってこともあるけれど、それだけでなく「何一つとして、ちゃんとやれてることがない」という気持ちで自分にすごくがっかりしているのです。


しかし折り良くもうすぐ新しい年になるし、何かをやり始めるにはよいときだと思います。


もうちょっと気を取り直してからハローワークにもまた行くし、小さなことからコツコツと進んで行きたいと思います。

自分自身がよく変われれば、子どもたちにもきっと何かいいことがありそうな気がします。
[PR]
by haruirotamago | 2011-12-12 11:20 |

ハムスターのモモ

我が家に、初めてのペットが来ました。
ジャンガリアンハムスターです。

haruがしばらく前から「飼いたい飼いたい」と言い続けていて、
でも夫も私も小動物を飼った経験がないし、なんとなく踏み切れなかったのですが、
あまりに欲しがるのでついに観念しました。


名前は、haruがつけて「モモ」になりました。

ペットショップの店員さんに、
「初めて飼うんですけど・・・」
「何が必要ですか?」「えさは?お世話は?」と聞きまくり、
とても丁寧に一から説明してもらって、この4日ほどはなんとか無事に過ごしています。

haruは、約束したとおりマメにお世話をしています。


ハムスターって、夜行性なのですね。初めて知りました。
日中はほぼ眠っていて、(すみっこが好きらしく、姿が見えません)
夕方から起きはじめて、私たちが寝ている夜中に元気に遊んでいるようです。

そんなわけで、飼っているけど姿が見える時間がとても少ない。。。

飼い始めは、ストレスになるのであまりかまってはいけないというし、
なんだかあんまり存在感がないというか・・・^^;

なんだか不思議な存在です。



でも寒さに弱いというので、(しかも寒すぎると冬眠して、目を覚まさないこともあるとか)
そこは気を使っています。



写真を撮ろうと思っても、そんなわけであまり姿が見えないし
起きているときも動き回ってうまく撮れないので
いつか写真が撮れたらひっそり載せてみようと思います。



私としては、いつか猫が飼いたいです。^^
(でも夫は猫があまり好きでないようなので、実現しないかも。)
[PR]
by haruirotamago | 2011-12-06 13:30 | 日々のこと

12月

今日から師走ですね。
関東も今朝はすごく冷え込んで、一日中気温が上がらない予報です。

5年にしようか、3年にしようか悩んでいた日記帳は、
3年日記にしました。

b0127095_9521343.jpg

今、とても書きたい気分なのであと1ヶ月待ち遠しいのですが、
新年からの新しい習慣にしたいと思います。





2学期は子どもの行事が相次ぎ、お弁当を作る機会もありました。
今月あと1回残っているのですが、
たまにしか作らないお弁当、子どもたちが非常に楽しみにしていて、
しかもtamaから「かわいいお弁当にしてね!」とハードルをあげられ(泣)
いっぱいっぱいになりました。

苦心の作のお弁当2弾、こちら!!↓↓
(あ、2つの弁当のおかずがほぼ同じだという突っ込みは無しで!)

第1弾・くま弁当
お稲荷をくまの顔に。のりで目や鼻を切って貼るのが、イーッ!!となりました。

b0127095_957193.jpg


第2弾・花弁当。・・・ですが、よくよく見ないとどこが花なのかわからない。
卵焼きと、おにぎりの模様が花のつもりなのですが・・・
ゆかりとそぼろを使ったら、色が地味になりました。鮭フレークとかがよかったかも。。でも花形作るのは難しいかも☆

b0127095_1015341.jpg

幼稚園の頃は毎日お弁当を作っていましたが、なにしろお弁当箱が小さくて
ちょっとのおかずでいっぱいになるので、あまり大変ではありませんでした。
小学生になると、お弁当箱が大きくてなかなか隙間が埋まらないです。

くま弁当の時は、haruにはずいぶん多めに入れたつもりだったのに、
「足りなかった!」と言われ、新しく2段弁当を買いました。

毎日ご主人にお弁当を作っている人とか、ほんとうにえらいなあ・・・と思います。



***
役員仕事は、佳境を越えました。
今週あとひとつ、少々気の重い仕事がありますが、それが終わればあとは引継ぎ準備です。

しかし、悩んだ末に来年度の別の役員に立候補してしまったので、
もしそのまま通ったとしたら来年一年、がんばらなくては。
いずれやらなきゃならないなら、いっそ続けてやってしまえ!と思ったわけですが、
まあ・・どうなるのかな。

今年の一年も、忙しいながらあっという間に過ぎていったので、
来年もそのように、やり終えられたらいいなと思います。



さてさて、今年ももう残り1ヶ月。
今年こそ早めに、年末のお掃除などを始めよう・・
クリスマスの頃には、どたばたしないですごしたいな!と思っています。
[PR]
by haruirotamago | 2011-12-01 10:19 | 日々のこと


娘たちと私の日常


by haruirotamago

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

のんびり☆まったり
神様に会うまで
こころ...smile ...
わたあめうさぎ
ふぁみりぃ たうん♪
月の見たモノ
あさなゆうな
susu canta
cotton candy*
道化の花
灯下のめぐみ

ファン

ブログジャンル

画像一覧