お久しぶりです。

3月に、「もうすぐtamaの卒園・・・」という時期に更新して
数日後に地震があり。
ほんとうにご無沙汰してしまいました。


tamaは無事に卒園し、元気に小学校へ通っています。
haruも4年生になり、反抗期とか、自我の芽生えとか、
なんかそんなものに少しずつ少しずつ、近づいていっている気配です(笑)

この2ヶ月は、年度末であり、そしてあの地震があり、
ほんとにいろんなことがめまぐるしく身の回りと頭の中を駆け巡った感じがします。
久しぶりに更新しようとして、何を書いたらいいのかわからない。

いろんなことを、少しずつ書いてみようかなと思います。


*地震の日
地震の日は、午前中に一人で映画を観に行っていました。「英国王のスピーチ」。
帰宅して、金曜日だったのでtamaもスポーツクラブがあるため帰宅が遅い日で、
一人で居間にいました。部屋が揺れ始めてどんどん大きく、回るように揺れ続けて、
私は庭側の掃き出し窓を開けて、家具と壁を押さえたまま立っていました。
口から出たのは「神様」と「子どもたちを」の二言だけ、それをずっと繰り返していました。

しばらくは何をしていいかわからず、呆然としていました。
揺れが止まって、まず実家へ電話をしました。物も落ちず、怪我もなく大丈夫とのこと。
その直後に夫から電話があり、子どもたちがまだ帰宅してないことと子どもたちの安全を確認したらまたすぐ電話する、と伝えて切りました。(実際にはこのあとは電話はつながらなくなってしまったけど)

この電話で少しわれに返って、長女の学校へ行くと、一斉下校のため校庭に出てきていました。
全員が出てくるのを待つ間に、また大きな揺れ。
長女を連れて帰ってすぐ、次女を迎えに車で幼稚園へ。
先生方がよく対応してくださったおかげで、次女も他の子供たちも落ち着いていました。先生方に本当に感謝。

帰宅して、揺れたときの話を子どもたちから聞いたり、高い位置のものを下ろしたりしながら・・・
でも本当にどんな被害があったのか、どんなひどい災害が起きたのかをこの時はまだわかっていませんでした。
後々、私たちが2度目の大きな揺れを校庭で感じていた頃、あの津波があったのだと知りました。



*卒園式
地震の1週間後がtamaの卒園式でした。
幼稚園生活最後の1週間は、半日の自由登園などであっという間に終わってしまい、まだ余震も続き卒園式はどうするか?という感じでしたが、予定通り行われました。
大人たちは皆、災害の大きさに動揺し複雑な思いをいっぱいに抱えながら、それでも子どもたちの姿は元気を与えてくれました。みんな堂々と、ほんとに立派に卒園しました。

・・・私は謝辞という大役(当日その場に立ってみてプレッシャーでがズッシリと!;; まあ実際はほんの一瞬なんですが。自分の中では猛烈に長い時間。)をどうにかこうにかやり終えました。

子どもたちの歌に、保護者号泣^^;でした。


*入学、新一年生
tamaは、私の予想に反して楽しく元気に学校に通っています。
「もしかしたら、一人もお友達ができないんじゃないだろうか」と私は本気で思っていて、心底心配していたのですが、tamaは近い席の女の子(とても社交的)が初日にたくさん声をかけてくれたおかげで、「もうお友達ができた!」と前向きな気持ちになれたようです。その前向きな気持ちのまま、少しずつ他の子とも話したり遊んだりできているようです。(その社交的なお友達に、後光が見えました 笑)

連休が明けて少しずつ宿題も出るようになり、この頃は疲れも出てきましたが、
「給食がおいしい!」「さんすうがたのしい!」と言っています。

案ずるより生むが安し・・・子どもはやっぱり、親の私の想像なんか軽々超えていくんだな、と、感じています。元気で毎日すごしてくれることに本当に感謝です。

入学式の日の朝の写真

b0127095_10213469.jpg




いろんなことを少しずつ、といいつつ長くなってきたので今回はこのくらいにします。
こういう出来事の間に、日々色々な小さな、でも大切な出来事がたくさんあります。

最近は、私自身は少々(うーん、少々でもないかも)ストレスを感じることが2つほど起きていて、眉間にしわを寄せながらうーうー言っています。
でもどちらの事も、雨降って地固まればいい、と思って、とにかく今やれることをやるしかない!と無理やり前向きになろうとしています。


子どもたちが元気に毎日楽しそうにしてくれるのが、こういう時本当に助けになります。
おかしなことを言ったりやったりしてゲラゲラ笑っているのを見ていると救われます。


今日の記事、もし時間があったら写真をあとで追加したいと思います~
(私のこういう予告は実行されないことが多いですけれど~^^;)
[PR]
# by haruirotamago | 2011-05-23 09:35 | 日々のこと

お別れの季節

年度末、いろいろと慌ただしくすごしております。

今日は幼稚園の保護者会の総会と、最後のクラス懇談会。


tamaのクラスの最後の、であり、幼稚園生活最後のでもある。
担任の先生を囲んで、先生はもう涙でぼろぼろ、
私たちも一言言いながら涙。
(あとは卒園式までとっておきましょう~!と先生が明るくしめてくれました。)



そして、全体懇談会でショックな報告。
主任の先生が退職されるんだって。。。。。
みんなの信頼が厚くて、園の要のような先生なのに。
園長先生が発表された瞬間、保護者全員どよめいた。


うちはもう子どもたちは卒園しちゃうんだけど、
それでもショックだ。


いやだなあ。

3月は嫌い。
お別れの季節だから。
[PR]
# by haruirotamago | 2011-03-07 17:00 |

あと1ヶ月

気づけばもう2月も後半!

先週末にtamaの幼稚園行事の最後を飾る^^お遊戯会が終わりました。

歌と、合奏と、音楽劇。
年少さんの頃に、たどたどしく歌や楽器をやっていたのも
ついこの間のように思えるのですが
もう、年長さんとしてこんなに立派にやれるようになったんだねと思うと
泣けてきてしまいました。
(そういえば長女のときも、歌い始めたとたんに夫婦で号泣したっけ・・・^^;ははは)


昨日は3月の園便りを持ち帰ってきたのですが、その中の「3月の日程表」をながめただけで
「あとこれだけで卒園なのか・・・!!」と、
一人涙ぐむ、恥ずかしい母・わたし。

なんだかもう、センチメンタルに取り付かれて、ちょっとおかしくなってきています。

長女のときもそんな感じではありましたが、
入れ違いで次女が入園するので「まだまだあと3年、幼稚園ライフは続く」という気持ちで、前向きさがあった気がします。


長女のときは初めての小学校入学なので色々緊張もありましたが、
今回、次女の場合はまた違った意味でいろいろ心配が尽きず
よけいに「幼稚園への名残惜しさ」があるのかもしれません。


究極に、人見知りで内弁慶な次女。
幼稚園でもほとんど誰とも口をきかず、一人遊びがメインで
自分からは決して人に声はかけないし(先生はたまに例外ですが)

これで・・・小学生になってお友達はできるのだろうか?!と・・・

正直なところ、これを考え始めると心配の虫に完全にやられてしまいそうなので
学年末の忙しさにかまけてできるだけ考えないようにしています。
(考え出すと、次女に余計なことを言ってしまうからです。)
ああ、、、書いているとまた虫にやられてしまいそうなのでもうやめとこう。^^;;;
考えては、やめ、また考えてはやめ・・・このブログでも同じようなことを何度も書いてる気がします。



tamaは、ランドセルがとても気に入っているので
「はやくこれを背負ってお外を歩きたい♪」のだそうです。

でも「学校の先生は怖いからいやだ」とも言うので、
「学校の先生で、tamaが知ってる先生(haruの担任の先生とか)は優しいじゃん!」というと
「そうだけど・・・・でも他の先生はこわいの。」

たぶん想像がつかないから、なんとなくイメージでこわい感じがするのかなー。
男の先生も多いしね。


私は、tamaが学校でお友達ができるか、楽しくやっていけるか本当に心配でたまらないのだけれど、そういう時にはharuが小学生になったときのことを考えます。
haruはなんていうか、小学生になってからめきめきと、めざましく成長していっていて、私が心配することなんかいつのまにか自力で(私が想像しない方法で)ふっとばして、彼女なりに色々大変なこともあるんだろうけど自分で乗り越えつつやっていってる。

haruとtamaは違うけど、きっとtamaも私の想像を超えて、tamaなりにがんばっていくんだろうと、きっとそうなんだろうと、haruの今までを思うとそう思えるのです。


だから、私はharuにものすごく感謝しています。
そんなことは直接言わないし、言っても「なんだそれ?」とよくわかんないだろうけど
haruがいてくれるおかげで私はちょっと持ちこたえられる。
haruが私の予想を超えて、私の助言なんかよりも、回り道しながらも自分なりの方法で成長していっているのが目に見えるからです。


日頃厳しいことばかり言っていて、まったく優しくない母なので
もうちょっと彼女にとってもいい母に・・・彼女が求めるいい母になりたいと思うけど、
それはなかなか時間がかかってしまいそう。
だけどなんとかして私も自分を乗り越えて、そういう母になる努力をしようと思うのです。。。。。

tamaにとってもharuはほんとに大事な存在だな、と見ていて思います。
(まあ上の子の特権?でいろいろと理不尽なことをしたり言ったりもしてるけど^^;)




私も、私の仕事をしよう、と思います。

私の好きな聖書の箇所のひとつ
「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。
 しかし、必要なことはただ一つだけである。」ルカによる福音書10章41節

必要なことは、ただひとつ。
子どもにとって、必要なことは、たぶんただひとつ。

そのひとつが本当に難しく思えたりもするのだけれども
それはきっと私が自分自身の殻を破れなくて、変な意地を張っているせいかも。
色々なことに惑わされて、勝手に思い煩ってるだけ。

そのことを思い返し、、
何度でも思い出しながら、なんとかこれからもやっていきます。




センチメンタルと思い煩いに取りつかれ気味ですが、
忘れちゃいけないのは卒園も、入学も、嬉しい出来事だってこと!
tamaと一緒に楽しみつつ、いろいろな準備をしていきたいなと思います。
[PR]
# by haruirotamago | 2011-02-23 23:36 | tama

歩く

※エキサイトの方で「スパムコメント対策を強化」したとのことなので、コメントの承認制をやめてみました。しばらく様子を見て、大丈夫そうならこのままにしようと思います。


昨年、夏前に運動(とダイエット)のために歩いていたのですが、
夏、あまりの暑さに挫折。

その後短い秋を経て冬も寒くて挫折・・・・・(ああ意志が弱い)

でも、普通に生活していると本当に全く運動をしていないので、
やっぱりこれじゃダメだ!と思い
プールで歩くことにしました。

近所の市営プール(屋内・温水)の回数券を買って、歩いてみました。


コースロープで区切られて、初心者・上級者・フリースペースがあって、
この「フリースペース」で歩けます。

今のところ、私以外で歩いているのはご高齢の方ばっかりです。
・・・というか、プール全体でもしや私が最年少?!っていう年齢層です。
(私が最年少って・・・かなり年齢層高い;;)


でも、皆さん泳ぎがうまいし、歩くのも速い!

私もがんばって(渋滞を作らないように)歩こうと思います。


目指せ代謝アップ!
体重減少!!


なんとか、細く長く続けていきたいと思っています^^;
[PR]
# by haruirotamago | 2011-01-31 14:21 |

断捨離な日々

年が明けて、夫が「断捨離」という本を買ってきました。

私が、「昨年、こういうの流行ってたらしいよ」と、なにげなくあやふやな話をしたのでしたが、要は「モノを減らして、すっきり暮らそう」という主旨ですよね。(違うかしら??)

遅ればせながら、私も流行に乗っかって、日々物を減らしております。
昨年から、物を減らそう減らそう・・・と思ってはいたのですが、途中で挫折していました。



まず、今の季節の、着なくなった衣類(子どものものも多いです)をリサイクルショップへ。
(みかん箱2つ分くらいで400円ナリ。)


CD,DVDの類を整理。

本棚を見直し。
・・・本は、「私の本棚にはある本は、読まない本は処分し尽くしたから、あとは永久保存版。」と思っていましたが、よくよく見直すと、そうでもありませんでした。
数は少ないですが、もう読まないだろうと思う本も10冊くらいありました。

それから、レシピをいつか使う・・ととっておいた雑誌。
最近はクックパットでレシピは探すし、きっと似たようなレシピ特集は次々出るし。
全部処分。
(これで本棚に隙間ができて、俄然本が買いたくなってきました^^;)




物が減れば、片付けに要する時間も減る。
これは、実現したらすばらしいことですよね~。
一日のかなりの時間を、片付けに要していると思うし、子どもたちに「片付けなさーい!!」と怒ってる回数も半端ではないので。どっちもぜんぜん楽しくありません。



まあ一番こまごまと、ごちゃごちゃと散らばるのは子どもたちのものですが、これを減らすのはまたちょっと難しいかな・・・
私から見て捨てていいものも、子どもにとっては大切なものだったりするから。
でも、ずっと放置されて忘れられてるものはどんどん処分しよう!


そんなわけで、めずらしく片づけが楽しい毎日です。



結局私の場合、
片づけが嫌い→片付け時間を短くしたい→物を減らす!!ということですね。。


断捨離の本には、「だんだんと、新しく物を買うときにも、慎重にいいものを選ぶようになる」というようなことも書いてありました。あと、「いらないものはもらわない」とも。



すっきりと暮らすことが徐々に身につけばいいなと思います。
[PR]
# by haruirotamago | 2011-01-19 11:42 |


娘たちと私の日常


by haruirotamago

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

のんびり☆まったり
神様に会うまで
こころ...smile ...
わたあめうさぎ
ふぁみりぃ たうん♪
月の見たモノ
あさなゆうな
susu canta
cotton candy*
道化の花
灯下のめぐみ

ファン

ブログジャンル

画像一覧